So-net無料ブログ作成

金子勇 Winny 死去… 死因は? 年齢は? 年収は? 結婚は?


P2PソフトWinnyの開発者として有名な金子勇(かねこ いさむ)さんが
死去していたことがわかりました。

東大生で、天才プログラマーとしても有名でしたが、
プログラミングではかなり体を酷使していたようです。

kaneko_isamu.png

■結婚は?
結婚しているという情報はありません。独身でしょう。

■年収は?
年収ですが、当時は東大の大学院の助手 年収500万前後
特任講師は某国立大学ですが准教授が月28万、
専任講師が月25万、賞与・退職手当なしだそうです。

会社を立ち上げてからの年収は不明ですが、
本気でビジネスに取り組めば、大学や講師の比ではなかったでしょう。

■死因は?
急性心筋梗塞です。

日常的に電動ベッドの上で寝ても覚めてもキーボードに向かうと
言った生活をしており、「2日間徹夜しても平気な体質」と公言
していたため、生活習慣が原因である可能性があります。

サンコ- 仰向けゴロ寝deスクワイドCOOL GORODE80
サンコー (2013-06-19)
売り上げランキング: 8,592

2日徹夜は無理しすぎですね、、寝ても覚めてもって
こんな感じだったんでしょうか・・・


■年齢は?
42歳というかなり若い年齢でした。


■Winny事件の経緯 
2ちゃんねる掲示板で、初めて書き込んだのが、47番目のレスであった
ことから、47氏という愛称で親しまれ、ネット上にもたくさんの支持者が
おり、「神」「謎の技術者」などと呼ばれていました。

しかし、警察が動き、事件は起こります。

・2003年11月にはWinnyを利用して著作物を送信した人物を逮捕

・2004年5月10日、金子さんはは著作権法違反幇助の疑いにより
 京都府警察に逮捕、5月31日に起訴

・2006年12月13日 京都地方裁判所(氷室眞裁判長)において罰金150万円
 (求刑懲役1年)の有罪判決

・金子側は同日、大阪高等裁判所に控訴し、検察側も刑が軽すぎるとして控訴

・2009年10月8日に大阪高裁での控訴審(小倉正三裁判長)判決にて逆転無罪判決

・2009年10月21日に大阪高等検察庁は判決を不服として最高裁判所に上告。

・2011年12月20日 最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)は検察側の上告を棄却。
 無罪が確定


04_c_847x568.jpg
そろそろノートだけでもいいから返してもらえないと仕事に支障がでるのですがどんなもんなんでしょうか・・・・

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/2949/

このページだけは懐かしく感じる人もいると思いますが、
元Winny公式ページです。

最高裁で無罪が確定したあと、面倒な手続きを経て、
半年後にはノートPCは返ってきていたとのことですが
逮捕時のときのまま、もう約9年放置されています。

本人曰く、更新するのを忘れていたようで、放置したままのようです。

また、Winnyのアップーデートは本人もまんざらでもなかったようですが、
弁護士にも釘を刺され、警察の目も厳しい状態でした。

悪用されるのが分かっている現状で開発を続けるのは何かと面倒になる
ことが予測されることから、期待はできませんでしたね。

68_itpro01.jpg

しかし、マスメディアの新テクノロジーへの無理解はひどすぎるとの声もあります。

プログラムはもはや金子さんは楽しんでやりたいタイプで、
自分の発想をプログラムという言葉で話して表現するレベルという人で、
本当にプログラムが好きなんだな、と感じさせる人でした。

ただただ、金子さんの早すぎる死が残念です。
これだけ惜しまれる技術者というのもなかなかいません。
それほどに、ずば抜けた発想と技術力をもっていました。

金子さんのご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますと共に、
心からご冥福をお祈りいたします。

スポンサード リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。